第七魔法空間より

日記と言うよりは月記のほうが相応しいゆるゆる雑録。 独自研究やおすすめのゲーム、ラノベの紹介など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

年明け前に仮更新

ちょっと年明け前のあれこれ整理の一貫で仮更新かけてます。
おひさしぶりでしょうか? みまさかですこんばんわ。

ちょっと中身については落ち着いてから更新しますので悪しからずご了承下さい。
スポンサーサイト
  1. 2010/12/31(金) 00:57:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

永遠についての断章

このところ、寸暇を惜しんで本を読んでいるみまさかです。 みなさまは如何お過ごしでしょうか?

最近はひとつテーマを絞って文献を漁っているのでそのメモ代わりに今日の記事は書いてます。


永遠を生きること。
それは人類の夢。

死という終わりから逃れる術を求めて…


1.神の属性としての永遠
唯一絶対の神の存在を肯定した場合、永遠は当然の帰結として彼の所有する属性である。
その神が与えるところの永遠には少なくとも二つの意味があるように思われる。
第一に「さまよえるユダヤ人」のケース。
彼の得た永遠は罰。死を許されないという永遠。
第二に「聖ゲオルギウス」のケース。
彼の得た永遠は証。主を示す奇跡という永遠。
尤も、ゲオルギウスの場合は永遠というより不死や再生に属する奇跡ですが。

2.反自然としての永遠
生まれたからには死を迎える、その原則が自然の課したルールだったとしたら自然に拒絶されるとどうなるのか?
東欧の不死者がそういった存在です。
大地に拒絶されている故に土に返ることがないために、永遠に地上を彷徨います。
その点で罰としての永遠に近いケースだと私は考えています。

3.果樹の与える永遠
永遠の果実を私たちは幾つか知っている。
ひとつはエデンの園の生命の樹の実。
その樹の種がどのような道を辿ったかは語るまでもないだろう。
ひとつは記紀に語られる非時香実。
人が手にしたと語られる数少ない永遠の一つ。しかしそれが帝の元に届くことは無かった。
ひとつはギルガメシュの叙事詩に語られる永遠の果実。
これは人の手に渡る直前に蛇に奪われたと聞く。

4.永遠の地
どこにあるのか。あるものは海中に、あるものは雲中に、あるものは深山にあると聞く。
名を上げればキリがない。
ただ、一つ疑問があるとすれば永遠の地と死者の地は果たして等価の意味を持つのか?
アヴァロンのような例がある以上は問いかけざるを得ない。


と、まぁ不老不死及びそれに類するものに関する神話伝説民話伝承etcを探しているわけですが。
ユング派の説明を借りちゃえばいろいろと説明が楽そうなのに…と思わんばかりの様相を帯びています。
  1. 2010/01/18(月) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

規制反対の話を含む雑感と雑日常

前略、七草も過ぎた折に新年の祝い事を口にするのも妙な話ですから多少の無礼を承知で新年の特別のご挨拶は省略させていただきます。
お久しぶりですが、皆様如何お過ごしでしたでしょうか? みまさかです。

みまさかは主に日常にプライベートに忙殺されていました……
相変わらず時間の使い方が下手で周りに迷惑かけてばかり…どうにか改善していきたいものです

さても、更新が滞ったことのお詫びに代えまして、少し話の種でも蒔きましょうか

・彼の蛇は神の被造物であったのか?
・エデンは東方の地、その更に東はカインの末裔の住む地だとか
・知恵の樹を得た二人は生命の樹を得る前に園を追われ、園の入り口には眠らぬケルビムが置かれた
・原罪を償われるとき、人が手にした知恵はどうなるのだろうか
…それなりに灰色の話題なので投げるだけ投げて何も結論は出しませんが。

哲学を馬鹿にすることこそ真に哲学するということである、とパスカル先生もおっしゃっています。
何にせよ、思考を放棄しないことは次なる一手に繋がります

伝奇を書くのに良い種は幾らもあるのに余暇と気力が足りない……
いつか形にしたい


あと…先日友人との話題に上がったのでこちらでも書いておくと、
私は当然ながら児ポ法改正による規制強化反対の立場の人です
まぁ…されると困るっていうのももちろんありますが…

科学的、もしくは統計的に明確な根拠の無いものをあたかも事実であるかのように語られても全く説得力がないばかりか単純に苛立ちが募ります。
エログロが文化の一画に躍り出たのは何も現代に限られた話ではなく元禄や大正の世にもあった話。
そんな潮流を規制したのは白河の殿であり、戦下の軍部でした。それと同じことをしますか?
ユリシーズはその当初、猥褻描写による発禁など大きな物議を醸しました。今ではあの扱いです。
だから規制強化をするな、と叫ぶだけではこれも感情論に過ぎないと流されかねませんね

取りあえず、規制強化の反対論拠として経済効果は数字で出せますね
賛成論拠として…そうですね、年少者を対象とした性犯罪件数は出せそうですが関係付けはどうしましょうか?

ちゃんと現実を見ろ、とは腐っても言いたくないですね
目を閉じているのだとしたら、自分の瞼に映る幻想しか見えないわけですから

さてと、立場を明確にしたところで私が感銘を受けた言葉を引いてきてこの場を締めましょうか
たしかキューブリック監督の時計仕掛けのオレンジだったと思います


映画も文学も、原罪が表出されているからといって咎められるべきではない。
伯父さんを殺した人が、ハムレットの公演のせいだと言っても通らないのと
同じことである。反対に、もし文学が傷害や殺人の責任を負うべきだと言う
のならば、もっとも責任の重い文学作品とは聖書に他ならない。
  1. 2010/01/10(日) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楽園の夢

また一ヶ月…ちょっとだけ反省してるみまさかです。
あくまでちょっとだけなので改善するかははたはた疑問ですが。


一ヶ月間いろいろとあったような何もなかったような……にちじょうなんてそんなもの、と割り切ってしまいたい…
実際には仕事に追われつつその他の雑事に手をとられて本来の仕事が全然進まない事態に陥っていたりしたわけですが、進まない分には仕方がないということでちまちまちまちま。

極々プライベートな話を除けばあまり話題もない一ヶ月だったような…

・プレイしたゲームの話
『メモリア』も『eden*』もプレイする人間を選ぶ作品なので無条件にオススメは出来ないです。
興味がある人は各自自己責任でどうぞ。
少なくとも『eden*』に関してはなんともminoriらしい作品に仕上がっているので舞台美術について一見の価値のある作品だと思います。

・これだから厨二病は……
ちょっと縁があって茶室に伺う機会があったのですが…
「匣型の魔法陣なんて初めて見たよ……」
床の間取りは方形だし、畳の敷き方は外と内、陰と陽の対比を表しているようにしか見えないし…
と、あとで友人に話したところ、こいつだめだ、みたいな反応されましたとさ。

・季節が背中を追い立てるように
この夏の間、ずっと長袖で過ごしてきたわけですが最近は周りにも長袖が増え始めて異端扱いをされることが減りました。
些細なことで季節を感じます。
別に引きこもってたわけじゃないんだからー。普通に外出歩いてたんだからねー。

と、まぁ以上で報告が大体終わってしまいました。
今週末のCUFFS系ブランドの二作が楽しみでうきうきしてます。
あ、でも連休の内に仕事しておかないとやる暇がない……


季節の移り目、体調を崩しやすい季節ですが皆様もお気をつけて。
  1. 2009/09/21(月) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界はかくも素晴らしい

また一月近く空きそうでした… みまさかです。
必要以上に忙しいのは危険ですねぇ。生活パターンが捻じ曲げられそうになってました。

コミケ行ってた人はお疲れ様でした。毎年思うことですが、お盆と被る時期にこんなに忙しいのってどうなんでしょうね…本当に大変だと思います。
私自身すっかり失念していたんですが、私が一部関わっていた作品は極小数部売れたそうです。
後日報告を受けて思い出しました。 …今では申し訳ない気持ちでいっぱいなわけですが。

閑話休題。
忙しい忙しい言いつつ空いた時間はひたすらゲームやっていたので、前回の記事のときから何本かやり終えました。

・ナツユメナギサ
・CLANNAD
・智代アフター (全年齢版)
・11eyes
・Clear クリスタルストーリーズ

…うん。精神的に死ねた。
以下雑感
・ナツユメナギサ
 Key作品に近い感じの感動系、かな。あんまり感情移入しすぎるとラストで死ぬ、主にプレイヤーが。私は立ち直るのに数日かかりました。
 この作品をやり終えて言うべき一言は「ありがとう」
・CLANNAD
 Keyはこういう世界観を惜しみなく演出してくれるから好き。メグメルも素敵な曲だし。 それと便座カバー。
 最早ゲームの領域を超越して教育目的に使えそうなのは気のせいですか?
・智代アフター
 後日談は後日談らしく。最後の語りのために他の全てが用意されたような気がしてならない。
 シナリオのペース配分がKeyにしては不自然…かな。
・11eyes
 ずっとやりたかったのがようやくできました。
 独自設定以外は知ってることが多かったので結構ニヤニヤしながらプレイできました。ハシリドコロ含めて。
 クロスビューシステムが結構気に入ったので、その点、3daysもやる価値があるのかなぁ…
 無茶言うと、個別ルートが欲しかった。システム的にもシナリオ的にも無理ですけど。
・Clear クリスタルストーリーズ
 ネンルートのためだけに買った。異論は認めません、色々と。

で、ついでに今後のゲームで購入予定のものをリストアップすると
8/28 『メモリア』 Purple software
9/18 『eden*』 & 『eden* PLUS+MOSAIC』 minori
9/25 『ハルカナソラ』 Sphere
    『夏の雨』 CUBE
10/30 『恋色空模様』 すたじお緑茶
     『キスと魔王と紅茶』 ま?まれぇど

冷静に考えると、普通に金を貯めれば新しいマシンを組めそうなのが今更悔しい。
自分の興味を引いたゲームを気ままに買って気ままにプレイする、それが好きだから別にいいんですけどね。
そしてちまちまとバナーを貼ってみたりー ……なぜラヴィのバナーが無い…っ!

脱線引き戻し。
先日、たまたま街で会った友人に
「ホームページの方、全然更新してないよねー」
と、言われてしまったので…

更新してみた。

ほんのちょっとですけどねぇ…
しかし実際のところ、HP更新に行き詰っているのも事実。
ネタは大量にあるんですがそれをどういった形で表現し、掲載すればいいのかがさっぱり分からない。
神話ネタとか魔法ネタとか、話を振られればその場で雑談交じりに色々返せるんですがHP上に文章として載せるとなると…
果たしてコラム形式で書けばいいのか、それとも用語ごとに解説を付ける方がいいのか…
…困った。
おいおい考えていきますが、何か提案があればお願いします。


それでは、体調管理には気をつけて。
  1. 2009/08/19(水) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

アクセスカウンター

プロフィール

みまさか とけい

Author:みまさか とけい
人間には衣食住以上に必要なものがあるはずだ、と思い込んで探求中。

そんな美作の燃料は『夢』と『未来』

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

アクセス解析

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。