第七魔法空間より

日記と言うよりは月記のほうが相応しいゆるゆる雑録。 独自研究やおすすめのゲーム、ラノベの紹介など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いい意味で変態

こんばんは みまさかです。
気を抜くとすぐに更新が停滞します、もともと筆は遅い人ですので。

同じ言葉でも違う意味があることは間々あります。しかし、それ以上に同じ意味でも違った価値を持つこともあります。今日はそんなことに関するちょっとしたお話。

変態と言われて気分が良くなる人はそうそう居ないと思います。…いえ、善良な一般市民を心掛ける紳士であるならば、相手が幼女でも美少女でも悦んじゃ駄目ですよ?
当然私だって面と向かって言われれば少しは凹みます。それが社会的な存在としての私に向けたものであるならば。
しかし、変態と言われていつも一様にそう感じるかと問われれば、違う、と思います。

たとえば、みまさかとしての、一創作者としての私がそう言われたのであれば、それが罵倒であっても嬉しいと感じるはずです。
理由は簡単。そっちの気はありませんが。

それが評価されたという事だから。相手が何かしら自分の作品によって感じた事があったということだから。

手元の辞書によると、変態とは変態性欲の略、つまり性行為や性対象についての交錯を指すようです。しかし、おそらく一般的に使われる意味で言うならば異常な嗜好、とでもいったところでしょうか。
あくまでも私の基準ですが、作品に対して何かしら感想を貰ったときの嬉しさで比べると、
「良かった」
という一言だけに比べれば、
「変態」
の方が上に来ます。
一番嬉しいのは、○○が□□で、××が△△なところが良かった、と言って貰えることですし、何も言われないよりは何か言ってもらえる方が嬉しいに決まっていますが、
では何故、罵倒の言葉である「変態」が褒めの言葉である「良かった」の上に来るのか。

その理由は実は日本語そのものの性質に由来しています。
詳しい説明は専門家や専門書に譲りますが、島国日本で遂げた日本語の発展の最大の特徴は、極端に発展した敬語の存在だと私は考えています。そして、それに付随するように異常なまでにぼかし表現も発展し、日本語に染み付いています。
その結果、二次遺伝(文化的遺伝)によって、日本人は他人を非難することが苦手です。
すると、余程内容が悪かったのか、仲の良い友人に対してでもない限り、角の立たない甘い評価をしがちです。
五段階評価に合わせてイメージすると以下のようになります。
 (本来 → 実際)
A:とても良い → とても良い
B:良い → とても良い
C:普通 → 良い
D:悪い → 良い
E:とても悪い → 悪い

つまりはそう言うことです。良かった、という一言だけでは言われた側は、どこがどう良いと評価されたのかがわかりませんし、ときには感想を強要して無理に嘘を吐かせてしまったのかもしれない、と思ってしまいます。
そんな無理をするくらいであれば、中の人が変態だと思ったら変態と素直に言ってもらった方が嬉しい、それが私の理論です。

英語圏の文化では、食事に招かれた際に振舞われた食事をベタ褒めにする習慣があると聞きましたが、そこまでの必要はありません。
こういうところが好き、こんなところが嫌い、そんな気持ちをあと少し、ほんの少しでも伝えられたらどちらも幸せになれると思うから。

さて、今日のお話はここまで。
明日もまた、風が優しく在るように。
スポンサーサイト
  1. 2007/08/27(月) 22:08:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

残暑刻々

まだ残暑の辛い季節ですが如何お過ごしですか? みまさかです

机の上に広がるメモの山と格闘してるうちに日々が過ぎていきます。
……〆切り近いよ…

近況報告。

一つ目、
時流のWhiteFlameさんより1stアルバム、と言うことで応援リンク張ってみました。
スペースの都合がつかず直リンですごめんなさい…
うちは所詮過疎ブログですが、日頃お世話になっているのでいつも応援しています。

二つ目、
最近フリゲのストックが増えてきたのでその内レビュー、とまではいかなくとも
お薦めリストのようなものを作れそうな感じになってきました。
時間と要望があればそのうち。

他にもありますが、それはこの忙しさを抜けてからになりそうです。

それでは、明日もまた、風が優しく在るように。
  1. 2007/08/15(水) 16:02:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アクセスカウンター

プロフィール

みまさか とけい

Author:みまさか とけい
人間には衣食住以上に必要なものがあるはずだ、と思い込んで探求中。

そんな美作の燃料は『夢』と『未来』

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

アクセス解析

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。