第七魔法空間より

日記と言うよりは月記のほうが相応しいゆるゆる雑録。 独自研究やおすすめのゲーム、ラノベの紹介など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

問:『Player』その意味は果たしてなんであるか?

お久しぶりです みまさかです。

本館の方がそろそろ更新停滞半年に突入しそうな勢いで、
それでいながら最近は短文ばかり書いているため更新するネタも無く
なかなかに困り果てています。

さて、今日は少し私の趣味に関連したお話。

先日、付き合いで遊戯王なんかを掘り出してプレイをしていたのですが、しばらくやっていなかっただけに相当勘が鈍っていて大変でした。
私自身カードゲームは好きで、縁があれば手を出していたので、その分手元には何種類ものカードが積みあがっていてなかなかみょーな光景が展開されています。

最近でも通用するところで遊戯王、Mtg、Lycee、あとは古いところでポケモン(一期)やデジモンあたりは結構な枚数あったりします。
それぞれのルールやカード効果を比較しても面白いのですが、今回はそれが本題ではないので置いておきましょう。

どのカードゲームでも、上級者のデッキやプレイを見たことがある人ならば解ることかもしれませんが、彼らのそれは、初心者や中級者のそれとは根本的に異なります。
後者がより強いものを目指すのだとすれば、前者はより勝ちやすいものを目指しています。
つまり、末恐ろしいことにデッキメイクの段階で既に対戦の展開を的確に予測しているわけです。

そういった考えに至るたびに私は思うのです。まるでスポーツでもしているようだ、と。(余談ですが、中国ではMtgが政府によって知的スポーツとして公式に認定されていたと記憶しています)
それ自体を否定する気は毛頭ありませんが、全く疑問を抱かないわけでもありません。

そこで今回のタイトルに話は戻ります。
『Player』その意味は果たしてなんであるか?
どのカードゲームの中でも、プレイヤーはプレイヤーと表記されるばかりで、それに対応する日本語を見た覚えがありません。
それでもまぁ、プレイヤーはつまり『Player』であるわけで、何かしらの訳の付けようもある気がします。

………

手元の辞書を引いたところ、
Player : 競技者
Play : 遊ぶ、競技する
といった意味のようで、元の『Play』には含まれる遊ぶという意味合いが、『Player』になると抜けるようです。

その違いについて、敢えてここで考察する気もさらさら無いので、ここら辺りで話はお開きにしましょう。それぞれが何を感じ、あるいは感じないのは自由です。

大切なのはきっと、遊びごころ。
それではまた会いましょう。
明日もまた、風が優しく在るように。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/02(火) 23:47:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アクセスカウンター

プロフィール

みまさか とけい

Author:みまさか とけい
人間には衣食住以上に必要なものがあるはずだ、と思い込んで探求中。

そんな美作の燃料は『夢』と『未来』

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

アクセス解析

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。