第七魔法空間より

日記と言うよりは月記のほうが相応しいゆるゆる雑録。 独自研究やおすすめのゲーム、ラノベの紹介など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さあ物語を始めよう。君と出会うため。一度きりの物語を。

連休明け。頭が回らないにも程があります… 寝ぼけ気味のみまさかです。

実に一ヶ月ぶりですので、最近考えたどうでもいいことをリストアップしてお届けします。


1. 『気』
と、いうのは実際にあると思う。風水で言うところの『気』、あるいは『オーラ』や『プラナ』と同一のものと見做されるもの。それを『魔力』だの『霊力』だのと呼ぼうと、同じものを指しているのだとすれば別に大した違いは無い。
その存在を大前提に幾つかの法則を仮定すれば、割と大半の結界や呪法が応用で理解できる。
・『気』は移動、物質との双変換をさせることはあっても消滅はしない
・『気』は物質に媒介される
・『気』は通常、高密度から低密度へと移動しようとする

…まんまエントロピーじゃん
…………応用ですのよっ!
…こほん、実際にエントロピーや流体力学の基本と同じノリで魔術を解釈すると意外と説明がつくので面白いです。
例えばパワースポット。『気』が集まる場所だと解釈すれば、水が尽きず溢れ出す場所としての“泉”、火を噴出す“火口”、風が吹き雲に近い“山”、全ての水が還り留まる“海”、などなど……
あるいは街の出来る場所。“川”によって清浄に保つか、“道”で活気を取り込むか、古い街にはそういった成り立ちのものが幾つも見られます。

さあ、ここから応用。
“辻”や“門”は道、つまり『気』の流れがぶつかる所なので局地的に『気』の密度が上がると考えられます。どちらも古来より異界への境界とされてきました。
では『気』の密度が高い場所は異界への境界となっていると仮定しましょう。
先ほど挙げた“泉”や“海”は、仮定に基づけば『気』の密度が高い場所です。同時に異界への入り口としての例も数多く挙げられます。
泉の精霊、桃花源、龍宮、etc...
これは仮定の上に仮定を積み重ねた推論なので、実証は出来ませんが。

応用その2。
卵が先か鶏が先か。“道”と『気』の流れは本来一致しています。古街道沿いの宿場町などで見かける入り組んだ道が、雑然としながらも自然に見えるのはこの為だと思われます。
さあ、『気』の流れに逆らう“道”を無理やり作るとどうなるでしょう?
イメージとしては治水工事と同じです。
綺麗に整えられた道筋が氾濫することは無くなりますが、川は本来の清浄化作用を損ない、水は澱んでいきます。
そう考えると、京もまた皮肉な都市です。条里によって整備された法の都市を作り上げたことそれ自体が、『気』を停滞させ、妖や怨霊の跋扈する環境を用意したことになるのですから。


ここまでの戯言はみまさかの提供でお届けしています。
事実かどうかは横に置いて、そういう考え方もありかな?、くらいで流して結構です。
興味とか意見とかあったらコメントまで。


2.『頑丈そうな』
街中の建物の中でもとりわけ頑丈なのは“学校”と“病院”だ。
と、街を歩いていて思った。他意は無い。


3.『みまさか的思考連想』
アリス(ルイス・キャロル)は、ランドルフ・カーター(H・P・ラヴクラフト)と同列に並べてもいいレベルの夢見人だと思った。
その場で(いわゆるオタクな)知人連中にその話をしたら共感以前に何の話か理解すらされなかった。
何度も言うようだがゲームを100%楽しむには基礎教養が不可欠だと思う。押し付けはしないけど。


ではでは、五月病にはお気をつけて、今日はこのあたりで。


>テレッサさん
お久しぶりです。
字面でこそ表せませんが、腕を上下にパタパタと振る勢いで再会を喜んでいます。
これからもよろしくお願いします。
レビューにしないだけで、私もゲームもやっていますが、
ブログを拝見した限りではあまり被っていないみたいです。
ニトロとかあかべぇとか…やりたいのに(予算的に)しばらく手が出なそうです…
改めまして、これからもよろしくお願いします。 ノシ
スポンサーサイト
  1. 2009/05/08(金) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<時間泥棒は誰だ? | ホーム | ここにとどまり続ける為には>>

コメント

教養のない知人その1参上。
今全力で間違った方向に教養を広げようとしてるんだ。(港町の世界史だとか生態系存在論だとか)
何かが足りないと思ったら、文字通り古典だったか。不覚…バタリ。
とりあえず最近やったゲーム内に出てきたシェイクスピアとアリスシリーズでも読み始めてみることにする。

それと、何の脈絡もないけど世の中には空気(それこそ気としか考えられないもの)をエネルギーに何日も活動できる人がいるらしいね。
気功や風水の歴史なんかも考えると存在するのは疑いようもないことだろうし、早く科学化されて普遍的な技術にならないかなぁとか他力本願なことを考えてます。
  1. 2009/05/07(木) 18:21:53 |
  2. URL |
  3. 白羽 #cYblGwPI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mahoukuukan.blog63.fc2.com/tb.php/101-04f0cbde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アクセスカウンター

プロフィール

みまさか とけい

Author:みまさか とけい
人間には衣食住以上に必要なものがあるはずだ、と思い込んで探求中。

そんな美作の燃料は『夢』と『未来』

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

アクセス解析

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。